ギガントピテクス[Gigantopithecus]評価

[デフォルト男性と大きさ比較・右:妊娠90%状態]

ギガントピテクス[Gigantopithecus]
(騎乗可能・サドル無し騎乗可)

6.0点/10点満点評価

・ブリーディング可能・妊娠タイプ

・テイム方法=手渡しテイム
キブル通常 >メジョベリー>他ベリー

・エングラムサドル制作レベル:なし

・能力/特技:サバイバーを遠投、
放浪モードで自動繊維回収、ジップ掴み移動

・召喚コマンド[野生][テイム済み]
(半角空欄は■で記載)
summon■Bigfoot_Character_BP_C
summonTamed■Bigfoot_Character_BP_C


小型の草食生物、肉系・皮・キチン/ケラチン
・木材・わら・繊維・ベリーなど採取可能。

なかでも『繊維』の採取効率がトップクラス。


サドル無しで騎乗できる生物、

気兼ねなく乗ることが出来るが耐久力は低い。
(※サドルは防御力上昇の効果がある)

直立二足歩行のゴリラ、
 近距離まで近寄ると敵対行動をしてくる。

『小型サイズ』に分類され生物地位が低く
ほぼ全ての肉食生物からケンカを売られる

その為『戦闘力は高い方』だが
 事ある毎に戦っており命を落としやすい。


テイム方法は
『手渡しテイム(レベル制限あり)』

テイムするには珍しく『レベル制限』があり
『サバイバーLv30以上から』テイム可能になる

やり方は通常の『手渡しテイム方法』で

背後から近づきショートカット右端にセットした
『ベリー』等を△ボタンで手渡すとテイム値上昇、

30秒間隔で餌やりが可能で
『ギリースーツ』装備で手渡し成功率が上がる。


テイム後は
『体力』『旋回性能』が良く戦闘能力は高め。

『サドル装着』は不可能だが、代りに
金属の兜など『頭防具』を装備可能、防御力アップ、

サドルとは違い頭防具には『耐久値』があり
『攻撃を受け続ける』と壊れるので注意が必要。
※低温ポッドを使うと頭防具はバッグになり落ちる


・PS4コントローラー(PAD)操作方法

R2ボタン:【通常攻撃】
『薙ぎ払いor叩きつけ(ノックバック効果有り』
木材、わら、ベリー、種の採取可能。

R3ボタン:【攻撃&採取&肩乗せ】
『攻撃&採取行動』肉系、皮、ベリー
キチン/ケラチン、木材、わら、繊維など採取可。
※『水中』『空中』での使用は不可

更にメソピテクスなどの
『肩乗せ生物』をゴリラの肩に乗せる事が出来る。

〇ボタン :【ジャンプ】【ジップ掴み移動】
近距離でジップに視線を向けると✚カーソルが表示、

〇ボタンを押す事で『ジップ掴み移動』に移行。
(下り限定:L3長押しで速く滑り落ちれる)

L2ボタン:【サバイバーを投げ飛ばす】
サバイバーを掴んで任意の方向に投げ飛ばせる、

『結構な飛距離』を投げ飛ばす事が出来るが
サバイバーは『パラシュート』等の対策をしないと

普通に落下ダメージを受けるので注意が必要。
(掴みキャンセルは△ボタンで騎乗解除)


『放浪モードをON』にする事で
草オブジェクトから『繊維』を自動採取してくれる

巨大門などの建築物で草周辺を囲むか、

DLCマップ:『エクスティンクション』か
『ジェネシス1』『ジェネシス2』で取得できる

エングラムLv22『恐竜用リーシュ』等を使うと

迷子にならずに効率よく『繊維』の自動採取が可能。




生物調査書:マップ・アイランド
(The Island・座標(26.6  23.5)

上空撮影↓

ギガントピテクス出現マップ
・アイランド・センター・ラグナロク
・アベレーション(変種)・バルゲロ
・ジェネシスⅠ・クリスタルアイルズ






コメント

タイトルとURLをコピーしました