パラケラテリウム[Paracer]評価

[デフォルト男性と大きさ比較
・右:妊娠90%状態&プラットフォームサドル装着]

パラケラテリウム[Paracer]
(騎乗可能・プラットフォームサドル装着可能)

6.0点/10点満点評価

・ブリーディング可能・妊娠タイプ

・テイム方法=昏睡テイム
キブル優>野菜 >メジョベリー >他ベリー

・エングラムサドル制作レベル:41Lv
素材:皮200・繊維110・金属インゴット10

・エングラム・プラフォサドル制作:50Lv
素材:シリカ真珠45・セメント25・皮320・繊維200・金属インゴット70

・能力/特技:ノックバック攻撃

・召喚コマンド[野生][テイム済み]
(半角空欄は■で記載)
summon■Paracer_Character_BP_C
summonTamed■Paracer_Character_BP_C


大型の草食生物、木材、わら、ベリー等を採取可能。

『沼地』『湿地帯』に多く生息する、
大型ゆえに殆どの肉食生物から敵対されない。

死体からは『霜降り肉』を入手可能、
『肉食生物』のテイム時に『餌』として役に立つ。


背中に建築が出来る数少ない
『プラットフォームサドル』を装着できる生物。

プラットフォームサドル装着可能生物一覧

ー空ー
ケツァルコアトル

ー陸ー
ブロントサウルス、パラケラテリウム、
ティタノサウルス

ー海ー
プレシオサウルスモササウルス

プラットフォームサドルには『制限』が有り
『自由』に『無限』に建築が出来る訳では無く、

パラケラテリウムの場合、
『建築上限32個』までの制限が掛かる。
(※プラフォ生物により上限変化)


『陸路』『大型』『草食生物』
 『プラットフォームサドル』装備可能と

多くの共通点から、よく比較対象に
ブロントサウルス』が挙げられるので早見表↓。

戦闘力耐久力積載量移動性能建築上限
パラケラテリウム32個
ブロントサウルス×63個

ブロントサウルス』と比べると
全体的なステータス性能は低くなっているが

『戦闘面』の使いやすさと『移動性能』の良さから
パラケラテリウムを『移動拠点』として使う人も多い。


攻撃方法は『R2ボタン:踏みつぶし』1種類のみだが
『攻撃速度の速さ』と『ノックバック効果』もあり

『タイミングよく攻撃』する事で
小~中型生物までなら『一方的に攻撃』が出来る。


これはプラットフォーム生物全般に言える事だが

空の低温ポッド(通称:モンボ)に入れてしまうと
 背中に製作した全ての建築が壊れるので注意が必要。


・余談だが
現在PS版でリリースされている全11マップに
『原種』『変種』『汚染』『X個体』の亜種も含め

『全てのマップ』でその姿を見ることが出来る
運営に愛される『皆勤賞生物』の一匹である。











生物調査書:マップ・アイランド
(The Island・座標65.0  31.4)

上空撮影↓

パラケラテリウム出現マップ・アイランド
・センター・スコーチドアース
・ラグナロク・アベレーション(変種)
・エクスティンクション・バルゲロ
・ジェネシスⅠ(沼地X個体)。ジェネシスⅡ
・クリスタルアイルズ・ロストアイランド




コメント

タイトルとURLをコピーしました