プテラノドン[Pteranodon]評価

[デフォルト男性と大きさ比較・右は卵]

プテラノドン[Pteranodon]
(騎乗可能)

5.5点/10点満点評価

・ブリーディング可能
(卵タイプ:孵化温度29~32°:最適31°)

・テイム方法=昏睡テイム
キブル通常 >羊肉 >霜降り肉 >大トロ>生肉

・エングラムサドル製作レベル:38Lv
必要素材・キチン/ケラチン75・皮230・繊維125

・能力/特技:生物掴み移動(小型)

・召喚コマンド[野生][テイム済み]
(半角空欄は■で記載)
summon■Ptero_Character_BP_C
summonTamed■Ptero_Character_BP_C


翼竜の代表格である肉食の小型飛行生物、

危険度が低いエリアを飛行することが多く
羽を休めるため定期的に地上へと降り立つ

死体からは『生肉』『皮』を入手可能。


テイム方法は『昏睡テイム』
攻撃を与えると飛んで逃げてしまうため

30秒間の拘束ができる『ボーラ』を使い、
頭部を『素手殴り』『棍棒』で叩くと昏睡可能。
(※プテラノドンLv80付近の場合)

高レベルのプテラノドンになると『弓×麻酔矢』
『クロスボウ×麻酔矢』などで頭部狙いを推奨。

サバイバーLv9でエングラム取得可能。製作素材:わら×10・皮×3・石×3・繊維×15


テイム後は『体力』『スタミナ』
『重量』と言ったステータスが低めだが、

『初心者用の飛行生物』として
早くにサドル製作が可能(サバイバーLv38)

危険な陸路を避けて飛行移動ができて、
アルゲンタヴィスよりも飛行速度が速い。

また『ブリーディング期間』も短めで、
公式倍率でも38時間(約1日半)で大人になる。

・PS4版の操作方法は4種類
・R2ボタン【通常攻撃】
噛みつき攻撃(攻撃範囲:口の周辺のみ)
『肉系』『皮』『キチン』など採取可能。

・〇ボタン【飛行・着陸】
『飛行』または『着地』が可能。

・飛行中L2ボタン【生物掴み】
サバイバー含む一部小型生物を掴んで輸送可能。
『PvP設定』だと野生生物も掴める。

・飛行中R3ボタン【バレルロール】
『スタミナ90消費:回転しながら突撃』
瞬間的だが『ワイバーンの飛行速度を超える』
燃費は悪いが攻撃範囲・威力ともに高い

序盤から低コストでテイム➡騎乗可能な事から
『ワイバーン卵チャレンジ』ではよく愛用され、

PvPサーバーでは『サバイバーを掴んだり』
『偵察』『特攻隊』として最後まで人気が高い。

戦闘面は不得意だが『スタミナ』『重量』など
移動性能を強化する事で快適な空の旅が可能。






















生物調査書:マップ・アイランド
(The Island・座標66.9  76.7)

上空撮影↓

プテラノドン出現マップ・アイランド
・センター・ラグナロク
・エクスティンクション・バルゲロ
・ジェネシスⅠ(沼地)・ジェネシスⅡ
・クリスタルアイルズ・ロストアイランド
・フィヨルド
























コメント