ロックエレメンタル[Rock Elemental]評価

[デフォルト男性と大きさ比較・右:岩に擬態]

ロックエレメンタル[Rock Elemental]
(騎乗可能、タレットモード可)

7.0点/10点満点評価

・ブリーディング不可

・テイム方法=特殊昏睡テイム
キブル特級 >硫黄 >粘土 >石

・エングラムサドル製作レベル:70Lv
素材:皮270・繊維150・金属のインゴット35

・能力/特技:岩に擬態、岩投げ、ブレス攻撃無効

・召喚コマンド[野生][テイム済み]
(半角空欄は■で記載)
summon■RockGolem_Character_BP_C
summonTamed■RockGolem_Character_BP_C


体が『岩』で出来ている大型の『無機生命体ゴーレム』

普段は『岩に擬態』しているが
 近づく事で『擬態を解いて』襲い掛かってくる。

敵対解除で再び『岩の姿』に戻る、
ダイアウルフの索敵能力』や『望遠鏡』で見破れる。


野生ロックエレメンタルは『高めの体力』と
『ダメージ9割軽減』を持ち非常に『耐久力』が高い

ギガノトサウルス等の『貫通攻撃』であれば
『高防御力』を無視してダメージを通せる。

【防御貫通攻撃一覧】

アロサウルスティラコレオ等の『出血攻撃』
・ベロナサウルスのL2ボタン『棘攻撃』
マグマサウルスのL2ボタン『火炎弾』
・ロックエレメンタルのR2ボタン『殴り攻撃』
・ロケットランチャー等の『爆発物』 
・MEKの『ソード』や『ピストル』 

死体からは『石』『原油』『水晶』
『金属鉱石』『硫黄』『黒曜石』を入手可能。


テイム方法は『特殊昏睡テイム』
『超巨大生物ティタノサウルス』と同様のやり方で

『ロケットランチャー』『大砲』『投石器』などの
設置系兵器を『頭』に当てる事で『昏睡値が上昇』
※ほか部位では気絶値は上がらない

しかし『石建材』まで破壊可能なうえに
『投石』による『遠距離攻撃』が非常に厄介なため

『ロックエレメンタル専用罠』を準備するか
プラットフォームサドル可能生物の活用を推奨。


テイム後は野生時にあった『ダメージ9割軽減』が
『ダメージ5割減に下方修正(弾ダメは9割減のまま』
※サドル(防御力上昇効果)装着は可能

更に『スタミナ』が低めで『移動速度』や
『攻撃速度』が遅く『総合性能』は一見低そうだが

マップ火山エリアなどにある『溶岩ダメージ』や
『炎・雷・毒ワイバーンブレス』を『完全無効化』

『水中』では『酸素』を必要とせず、
クニダリア等の水棲生物に敵対されない利便性がある

しかし『ジャンプが不可能』で、
『障害物』に弱く『空の低温ポッド』は必須である。
(クニダリア等の騎乗解除攻撃を無効化)

主食は『石』で腐る心配もなく自分で採取が可能。
(積載量は高めだが重量軽減などの能力無し)


・攻撃方法は4種類(PS4版の操作方法)
・R2ボタン【通常攻撃】
『肉・皮・石・キチンなどを採取可能』
なかでも『石』の採取効率はトップレベル。

・R3ボタン【回転攻撃】
通常攻撃より広範囲だが隙が大きく威力も低め。

・L2ボタン【岩投げ・投石】
スタミナを75消費して
『攻撃力依存』のノックバック付き『遠距離攻撃』

Lv1・近接攻撃力148.8%=合計ダメージ334

性別は無く『ブリーディング不可』
『メイトブースト』『インプリント』も発動しない。

マンティコア戦以外の『ボス部屋入場不可』で
『PvEサーバー』では活躍の場が限られているが

『PvPサーバー』では弾ダメ9割減の『弾抜き』や
擬態を活かした『隠し金庫』や『奇襲』が可能。

『サークルメニュー』➡『岩に見せかける』で擬態可能。




















生物調査書:マップ・スコーチドアース
(The Island・座標79.6 32.4)

上空撮影↓

ロックエレメンタル出現マップ
・スコーチドアース・ラグナロク
・エクスティンクション・バルゲロ
・ジェネシスⅠ(X個体・火山)・ジェネシスⅡ
・クリスタルアイルズ・ロストアイランド













コメント

タイトルとURLをコピーしました