ダエオドン[Daeodon]評価

[デフォルト男性と大きさ比較・右:妊娠90%状態]

ダエオドン[Daeodon]
(騎乗可能)

7.5点/10点満点評価

・ブリーディング可能・妊娠タイプ

・テイム方法=昏睡テイム
キブル優 >羊肉 >霜降り肉 >大トロ>生肉

・エングラムサドル制作レベル:59Lv
素材:皮290・繊維155・金属インゴット20

・能力/特技:周囲の味方生物を回復

・召喚コマンド[野生][テイム済み]
(半角空欄は■で記載)
summon■Daeodon_Character_BP_C
summonTamed■Daeodon_Character_BP_C


中型の肉食生物、肉系・皮・ベリーなど採取可能。
『仲間の体力を回復できる』貴重な生物。


・攻撃パターンは3種類
L2:『範囲回復』
R2:『噛みつき』
〇ボタン:『小ジャンプ』

体力を回復できる生物一覧
・ダエオドン・雪フクロウ

注目すべき特技は『範囲回復』
(騎乗中はL2ボタンで回復のON、OFF切替え可能)

ダエオドンを中心に周囲(土台8個分)にいる
 負傷した仲間の最大HPに応じて割合回復をする。

非騎乗時は
 ダエオドンの『サークルメニュー上部』にある

『パッシブ回復を有効化』で『無人回復』可能。
(※騎乗すると設定がパッシブ有効化がリセット)


しかし『回復行動』にはデメリットも存在し

回復行動中は周囲8マス内の
『ペット数』に応じて食料値が急激に消費。

例を出すと、生物10匹を同時に回復すると
 1分で食料値が10万消費するほど燃費が悪い。

ちなみに水中での使用は不可だが、
 水に入る前に発動➡入水すると効果が持続する。


戦闘面では攻撃範囲が狭く威力も低めだが、体力は高く
『範囲回復』に自身も含まれるため耐久力は最高クラス

レベルアップによるお勧めポイント振りは
『食料値が8~15万』、残りは体力に振るのが良い。


ブリーディング中の餌やりを『生肉』でやると
 消費量が激しく、大量の生肉が必要になる

これを『こんがり肉』に差し替えることで
 消費量がグッと抑えられ、効率が良くなる。

ダエオドンが大人になっても
『生肉の消費量』は激しいままなので

基本的にはクライオポッドに収納がお勧め。

ボス戦でも大活躍してくれるダエオドン!

ティラノサウルス数匹・ユウティラヌス1匹
 ダエオドン(1~2匹)の編成で

『ボス攻略』に挑むのが人気で安定力が高い。


ダエオドンには小技が2つあるのでご紹介

①『ワイバーンの子育て』
ワイバーン子育てに
 必要不可欠な『ワイバーンミルク』

これは入手せずに大人にする方法がある
 それがダエオドンによる『回復子育て』だ

赤ちゃんワイバーンの食料値が
 0になると体力が徐々に減っていきます、

そこで大人になるまで死なないように
 回復をしてあげるシンプルな方法、

しかしこのやり方はワイバーンに
 ほぼ付きっきりになるので非常に手間がかかる

どうしても『ワイバーンミルク』を
 確保できない人向けのやり方です。

※刷り込み時に『ワイバーンミルク』を
要求された場合はクライオポッドの出し入れで解決


②『食料値を一瞬で回復する』
ARKの仕様上、ペット生物を模写外に出すと

インベントリ内・餌箱を媒体に

食料値を一気に全開まで回復してくれる、

ダエオドンは『ボス戦』などで

たびたび食料値が0になる場面が多く、

その度に手渡しで食事を与えていると

時間ばかりが非常にかかってしまう、

この方法使うと大幅な時間削減が可能。







生物調査書:マップ・アイランド
(The Island・座標88.1  53.0)

上空撮影↓

ダエオドン出現マップ・アイランド・センター
・スコーチドアース・ラグナロク
・エクスティンクション・バルゲロ
・ジェネシスⅠ(雪山・沼地)
・クリスタルアイルズ







コメント

タイトルとURLをコピーしました