カプロスクス[Kaprosuchus]評価

[デフォルト男性と大きさ比較・右は卵]

カプロスクス[Kaprosuchus]
(騎乗可能)

4.5点/10点満点評価

・ブリーディング可能
(卵タイプ:孵化温度29~35°:最適32°)

・テイム方法=昏睡テイム
キブル通常 >羊肉 >霜降り肉 >大トロ>生肉

・エングラムサドル制作レベル:39Lv
必要素材・キチン/ケラチン65・皮165・繊維120

・能力/特技:突進噛みつき、生物掴み移動(小型)

・召喚コマンド[野生][テイム済み]
(半角空欄は■で記載)
summon■Kaprosuchus_Character_BP_C
summonTamed■Kaprosuchus_Character_BP_C


『沼地』『湿地帯』を中心に生息する、
水陸両用で広い活動ができる中型の肉食生物。

野生カプロに見つかると『素早い突進』からの
『強制騎乗解除』➡『捕縛かみつき』をしてくる

一度『捕縛』をされると『継続ダメージ』と
『スタミナ減少』を同時に付与されるため危険、

『気絶させる』か『倒す』までは離さないので
なるべく『大型生物に騎乗』して対策しよう。

同じワニ種の『サルコスクス』と似ているが
『危険度』はカプロスクスの方が上である。


テイム方法は『昏睡テイム』
『クロスボウ×麻酔矢』『ライフル×麻酔弾』を推奨。

足止め道具である『ボーラ』は効かない、
『木以上の1×1高さ2(飛び込み防止)の箱型罠を推奨。

必要素材:木の土台×1・木のドア枠×7・木のスロープ×1


テイム後は全体的に『低めのステータス』だが、
『移動速度』はそこそこ速く、旋回性能も高め

水陸両用生物だけあって『酸素』の消費も無く
『騎乗中にサバイバーは武器の使用が可能』

・攻撃方法は3種類(PS4版の操作方法)
・R2ボタン【通常攻撃】
『頭の周囲』まで『攻撃判定』あり。

・L2ボタン【突進噛みつき)】
『直進のみ』だが『水中』でも使用可能で
最大『土台18個分』の距離を瞬時に移動可能。
(木オブジェクトを破壊しながら進める)

『PvP設定』だと
一部の小型生物を突進と同タイミングで捕縛する、
『捕縛を維持したまま』追い打ち攻撃も可能。

・R3ボタン【生物掴み移動】
一部の小型生物を掴んで『移動が可能』
(カワウソ、テラーバード、ユタラプトル等)

『PvE設定』であれば自軍の『ペット』を掴め、
『PvP設定』だと『野生生物』も掴む事が可能。

『掴み状態を維持したまま』
サルコスクスから降りる事が出来るので

『昏睡テイム』や『手渡しテイム』の時に役立つ。

動き回るカワウソに対し簡単に手渡しが可能


『陸上』『水中』の移動は優秀だが
戦闘力は高くないので前線での戦闘は避けよう。



















生物調査書:マップ・アイランド
(The Island・座標80.2  53.5)狩人の洞窟入口

狩人の洞窟内

上空撮影↓

カプロスクス出現マップ・アイランド
・センター・スコーチドアース
・ラグナロク・エクスティンクション
・バルゲロ・ジェネシスⅠ(沼地)
・クリスタルアイルズ・ジェネシスⅡ
・ロストアイランド・フィヨルド















コメント

タイトルとURLをコピーしました